———-
【重要】
①メンター、およびジュニアメンターとしての参加、見学の申し込みは、本ホームページのお問い合わせフォームからお願いします。
②メンターの方のお子様で参加される場合は、申し訳ございませんが、お申し込みサイトより参加のお申し込みをお願いいたします。
ご協力、よろしくお願いいたします。

———-

第50回CoderDojoさいたま(午前の部)のイベント詳細情報

CoderDojo さいたまは主に埼玉県さいたま市地域及び隣接する地域の小学生・中学生を対象としたプログラミングクラブです。
こちらを必ずお読みくださり、CoderDojoの理念にご理解ください。

午前の部は、こどもパソコンIchigoJamを使ったワークショップです。
Scratchとは違い、全てキーボードから入力するテキスト言語「BASIC」を使ったプログラミングを行います。

■開催日時
2017年12月25日(月)10:00~11:30
(9:45 受付開始)

■定員
10名(IchigoJam初心者 、IchigoJam経験者)
※IchigoJamは5セットまで無料貸し出し可能です。

■参加方法
こちらのセミナー・勉強会・イベント管理ツール「Doorkeeper」よりお申込みください。
申し込み開始は12月14日(木)昼ごろを予定しています。

【申し込みURL】

https://coderdojo.doorkeeper.jp/events/68510

※ 申し込み時、事前アンケートにお答えください。このアンケートで取得した個人情報はDojo開催時のメンター調整など運営にのみ使用します。Dojo終了後は破棄します。
※ 申し込みフォームの「名前」「メールアドレス」は保護者の情報をご記入ください。
※ 申し込みフォームの「住所」は市町村までで結構です。
※ 「参加者一覧でアカウントを公開する」のチェックはお外しください。

■参加資格
対象:キーボードで文字入力が可能な小学生と中学生。
小学生以下のお子さんは、保護者の送迎が必要です(中学生以降はお一人でもご参加できます)

■会場について
貸会議室6F
https://office6f.com/

■参加料について
無料

■寄付のお願いについて
今後の「CoderDojoさいたま」の活動を末永く続けていけるように皆様からの寄付を集めています。
「CoderDojoさいたま」を開催する会場には皆様から寄付金を集めるためのBoxを配置しています。お気持ち程度で結構ですので皆様のご協力をお願いします。
Boxの場所がわからない場合はお気軽にその場にいるメンターに声をお掛けください。

■持ち物について
IchigoJamをお持ちの方は持参してください。
IchigoJam貸し出し(無料)希望の方は、特に持ち物はございません。

■当日のスケジュール

9:45
6Fにてニンジャ(参加者)受付開始

10:00~11:30
・Dojoの説明
・自己紹介
・プログラミングタイム
・プロジェクタを使った発表会、または一言ふりかえり

※11時30分以降、残って作業される場合はコワーキングスペースOffice7Fの受付にて料金を各自でお支払いしてください。(ドロップイン料金から終日利用に切り替えるための追加の500円が必要になります。)

※「IchigoJam」とは?
2014年夏に公開・販売された教育用小型コンピューターボード。
特徴はBASIC言語でプログラミングし、ネットワーク接続はできないが、電子部品の接続が可能で電子工作に応用可能としている設計である。https://ichigojam.net/index.html
開発元は株式会社IIJ.jp(代表取締役 福野奏介)。

■メンターってどんな人?
メンターは、疑問点を一緒に解決したり、プログラミングによるものづくりの進め方などをアドバイスしてくれるボランティアの人たちです。
プログラマやデザイナー、エンジニアなど、ソフトやハードを作ることを専門にしている人達、子どものコンピュータ教育に携わる人達などで構成されています。
http://coderdojo-saitama.com/mentor/
参加されるお子さんの保護者の方で、メンターをやってみたいという方は、こちらからお気軽にお問い合わせください!

■免責事項
CoderDojoさいたまの活動参加中、行き帰りなどで発生したトラブルや損失、損害、傷病、事故に対して、CoderDojoさいたまは一切責任を負いません。これらに対して自己責任においてご参加くださるようお願いいたします。